保健だより

感染症情報(10月)

2019年 11月 1日 金曜日

ヘルパンギーナ 1名

伝染性膿痂疹 (とびひ) 1名

 

※10月は、大きな感染症の流行はありませんでした。気候の変化による風邪や発熱、相次ぐ台風の接近に伴う喘息様症状の悪化による欠席が多かつたです。都内では、インフルエンザや手足口病が流行しています。手足口病は、ようやく感染者が減少し始めましたが、インフルエンザはこれから流行期を迎えます。また、感染性胃腸炎も増えてくる時期です。手洗い、うがい、咳エチケットを忘れずに! 咳が多い場合は、登園時よリマスクを着用し、合わせて予備用マスクの持参もお願いします。

 

※インフルエンザワクチンは、人によって違いはありますが、効果が現れるまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間続くと言われています。インフルエンザワクチンは感染を防ぐものではなく、重症化を予防する為のものです。家庭内で蔓延させない為にも家族全員で12月上旬までに予防接種を受けましょう。

 

※細菌検査及び健康診断へのご協力ありがとうございました。結果は、健康カードにてお知らせしていますので、ご確認をお願い致します。また、乳児医療証の有効期限が9月末で切れていますので、新しい乳児医療証のコピーの提出がお済みでない方は、早目に提出をお願い致します。

11月9日いい空気の日 呼吸ってなんでするの?

2019年 11月 1日 金曜日

生き物はみんな、生きていくために酸素が必要です。水の中にいる魚だって、水の中から酸素をとり入れています。

酸素のやくわりは、からだの中の栄養を燃やしてエネルギーを作ること。酸素をとり入れるためにするのが呼吸で、意識しなくても、眠っていても、していますよ。

1回の呼吸では約400~500mLの空気を吸って、酸素をとり入れます。1日の回数は約30,000回にもなるそうです。

その呼吸の約半分は室内ですると言われます。換気をこまめにして、いい空気の中で呼吸したいですね。

11月23日勤労感謝の日・新嘗祭の日

2019年 11月 1日 金曜日

《ありがとうの気持ちで》

 

勤労感謝の日は、元々は「新嘗(にいなめ)祭」という秋の収穫祭です。

昔は農業で生活している人がたくさんいて、農作物を無事に収穫できるかどうかは生死にかかわることでした。収穫は大きな喜びだったのですね。

今も、農家の方が育てた食材があり、その食材を運ぶ人や調理する人がいて、そして食べ物を買うお金をおうちの方が稼いでくれて初めて、みなさんはおいしいごはんを食べられます。

実りにも勤労にも思いをはせて、感謝の気持ちを込めて「いただきます」を言いましょう。

感染症情報(9月)

2019年 10月 1日 火曜日

手足口病 3名

 

ヘルパンギーナ 4名

 

※園内では、9月上旬に手足口病及びヘルパンギーナの2回目の流行がありましたが、極小規模なもので終息しました。都内では、まだ手足口病の流行が落ち着かず、例年に比べ、感染者が多い状況が続いています

 

伝染性膿痂疹 (とびひ) 5名

 

※夏の猛暑が一段落した事で、蚊の活動が活発になり、蚊に刺される事が増えています。刺された所を掻き壊してしまったり、外遊びで出来た傷を気にして触ってしまったりすると、傷に菌が入り、傷がじくじくして、治りが悪くなる事があります。そのじくじくした傷を触った手で別の所を掻いてしまうと伝染性膿痂疹(とびひ)になります。

覆えない場所にとんでしまうと登園が出来なくなる為、常に爪を短く整え、手を清潔にしておきましょう。また、治りの悪い傷が出来てしまった場合は、早目に皮膚科を受診するといいですね。

 

百日咳

 

☆現在、小学生を中心に百日咳が流行しています。百日咳は、夜間を中心に激しい咳が止まらなくなり、ひどい時は呼吸困難になってしまう事もある病気です。学童期にかけて四種混合ワクチンの抗体価が低下する事で、感染が拡大しているようです。

その為、日本小児科学会では、就学前の四種混合ワクチンの追加接種を推奨する通達を出しました。ぜひ、MRやインフルエンザと一緒に接種しましょう。

尿検査 10月16日(水)朝10時提出締切

2019年 10月 1日 火曜日

10月16日(水)朝10時提出締切

(検査容器―式は10日(木)に配布予定です。)

尿検査は、緑組・黄組・桃組が対象です。16日(水)朝一番の尿を採取して下さい。

尿検査は、16日(水)当日のみの回収となりますので、ご注意下さい。今年度より検便は春の1回のみになり、秋の検便はありません。