保健だより

感染症情報(8月)

2020年 9月 1日 火曜日

伝染性膿痂疹(とびひ) 2名

 

※とびひは、細菌による皮膚の感染症です。接触によってうつり、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がる事から『とびひ』と言われています。虫刺されや湿疹等を掻き壊したり、転んでできた傷に触ったり、等皮膚が傷ついた部位から発症します。

また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在している為、鼻を触る癖があると、鼻の周囲から感染が広がる事も。皮膚が傷ついた部位には、細菌が大量に存在する為、タオルや自分自身の手を介して、また、皮膚の接触により容易に伝播します。集団生活を通して周囲に広がるリスクがある為、皮膚症状のある部位をしつかりとガーゼ等で保護をする事が必要です。顔や頭等、覆えない部位に症状が出ている場合には、登園が出来ません。

虫刺されや風邪(鼻水)等、伝染性膿痂疹(とびひ)につながるような皮膚トラブルが増える時期ですので、早めに皮膚科に相談しましょう。

9月1日 防災の日は何をする?家族でチェック

2020年 9月 1日 火曜日

■自宅近くの避難場所は?

●地域で決められている避難場所まで、家族みんなで歩いてみよう。

■非常時の連絡方法は?

●災害用伝言ダイヤル「171」が利用できます。

固定電話や携帯電話から録音でき、その録音を聞くこともできます。

☆ふだんでも体験できる期間があるので、家族で試してみよう。

●遠方の親戚などの連絡先をみんなで確認しておこう。

☆連絡の中継をしてもらえます。

ケガをしたら、感染症と災害

2020年 9月 1日 火曜日

感染症情報(7月)

2020年 8月 1日 土曜日

特に流行した病気はありませんでした

 

※突発性発疹が数名いましたが、他に大きな病気の流行はありませんでした。ぽつぽつと発熱や鼻水での欠席が増えてきました。

 

発熱の際は、解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状が改善するまでは登園する事が出来ませんご家庭で丸1日熱のない状態を確認してからの登園にご協力をお願い致します。

 

※送迎の際には、保護者の方も自宅で必ず検温をお願い致します。検温をしていない場合は、職員に声をかけて下さい。

 

《暑い夏もすぐそこまで来ているようです》

厳しい暑さや室内外の気温差にさらされる夏は、身体も脳も疲れています。夏バテ予防には、疲れをいかに回復させるかが大切。規則正しい生活を心掛けると共に、毎日しつかり湯船につかるようにしましょう。また、今年の夏は酷暑の予報に加え、マスクを着用している事により、熱中症にかかりやすい状況となっています。水分をこまめに摂るだけでなく、エアコンと扇風機を上手に活用しましょう。熱帯夜が続く時は、高めの設定でエアコンをつけっぱなしにした方が、良い睡眠が得られるそうです。

子どものための“涼”づくり

2020年 8月 1日 土曜日